治療後のメインテナンスが大事

インプラント治療の成果を左右する生活習慣はいくつかありますが、その中でも喫煙の影響はかなり大きいというべきでしょう。
インプラント治療には数ヶ月、あるいはそれ以上かかる覚悟をしなければなりないのですが、人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復が治療成功の絶対条件(他人に要求する時は多く、自分に要求される時には少なくと考える人が少なくないでしょう)となります。周辺組織の回復をすすめ、インプラントを固定指せるために、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素といった物質が例外なく阻害する働きをします。

インプラント治療を順調に終えようとするなら、少なく見積もっても、手術から治療完了までは頑張って禁煙に励みましょう。
歯科医によっては、この患者にはインプラント治療を適用できないとして検査の段階で断られることもあります。
けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであればまだあきらめなくて良いかもしれないのです。

歯科医の腕と設備次第で、以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも治療可能になっています。現在可能な最先端の治療がうけられるかどうか、探すことが必要です。インプラントは無くなった歯を再生できる夢の治療ですが、その処置が終わっても、安堵するのはまだ早いのです。
治療後の綺麗な状態を維持していけるかどうかは、治療後のメインテナンス次第なのです。

間違った口内ケアでは歯を良い状態に保てないのです。正しい方法を歯科で教えてくれるので、必ず守るようにして頂戴。

結局、ご自身の歯は自分で守らなければならないのです。さらに、インプラントにした部分には当然、自前の神経はないですので、普通なら感じるような口内の違和感にも鈍感になりがちです。

治療が終わってからも歯医者さんに通うのが大事ということですね。

これはインプラント治療が最適、とされるのは失った歯だけの治療で済ませたいなどの願望があるケースです。
たとえば、ブリッジ治療をするためには両隣の歯を削って支えを作らなければなりないのですが、インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、失った歯だけを根元から再生する治療になります。他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいという希望がある方にはインプラント治療を考えた方が良いですね。
インプラントは人工歯根に義歯を装着するものですが、この義歯には多くの場合、セラミックが使用されています。
セラミックの利点は、プラスチックの差し歯よりも硬く、歯磨きで劣化しないことですが、患者さん一人一人に合わせた綺麗な歯を創れるかどうかは、制作を担当する歯科技工士の技量がモノを言います。

高い技術はさることながら、芸術的なセンスまでもが要求される作業です。
持ちろんつくり置きや大量生産とはいかず、時間がかかるので、技術的なコストもかかり、金歯や差し歯とくらべても高額になるというりゆうです。インプラントとクラウンがどう違うかというと、ご自身の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。

虫歯などが原因で、大聞く歯を削った場合でも、根のケア次第で上からすっぽりとクラウンという義歯をはめられます。

抜歯した場合の選択は、入れ歯もありますが、失った歯根を補うため、人工歯根を埋入する方法であるインプラントを用いた治療になります。インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。入院して手術することはまれです。

麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは安全を期すため、入院を求められることもあります。

あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。腸骨などご自身の骨を削り出し、移植する場合、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。自分が当てはまるという方は、信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていって頂戴。頑張って終わらせたインプラント治療も、治療が終わるとその状態を保たなければならず、不断のケアが求められます。毎日、しっかりブラッシングすることでプラークコントロールを継続した上で異常がなくても、定期的に歯科医院で診察して貰うことが欠かせないのです。

どんな堅牢なインプラントでも、ひとたびケアの手を抜けばいずれ歯周炎などを引き起こすことになります。