妊活にまつわる噂を検証してみた

ビタミンの一種である葉酸は、妊婦が摂取することで胎児の健やかな成長を促し、先天性神経管異常といった障害を発症させにくくするという効果が明らかになりました。こうしたことを踏まえ、適切な量の葉酸摂取を厚生省が勧告しているのです。例えば補助食品や葉酸サプリメントも多数販売されており、葉酸が多くの方にとって必要不可欠な栄養素だという事が分かります。

また種類(コレクターは全て揃えたくなってしまうものです)によっては特定保健用食品の認定を受けているものもあり、妊婦が利用する場合も多いです。妊娠が分かった後にご自身の体や赤ん坊のために、葉酸を摂るようになった妊婦さんも多いのではないでしょうか。ここで疑問なのは「いつまで摂取をつづけるべきなのか」という事でしょう。
胎児の成長のために葉酸を摂取されている、という場合は、葉酸摂取の期間を出産までと限っても良いと思います。でも、葉酸には体に有益なさまざまなはたらきをしてくれます。中でも身体のバランスを整えるといったはたらきに葉酸は欠かせないでしょうから、出産後持つづけて葉酸を摂るようにすることで毎日を健康的に過ごすことが出来ますので、出産後も葉酸を意識して摂取するのをお薦めします。

妊活中や妊娠初期の女性にとって、葉酸のはたらきは最も重要なものだといわれており、厚生労働省によって適切な時期での十分な摂取を呼びかけています。では、葉酸をたくさん摂った方が期待出来てしょうか。実は葉酸は、水溶性であるため、尿や汗と共に体外に出ていくので、身体の中に蓄積していく、ということは殆ど無いのです。
ということは、葉酸不足を避けるために、推奨される量以上の葉酸を摂っても平気なのでしょうか。

実際には、そういうワケでは無く、葉酸を過剰に摂取すると副作用(呼吸障害・発熱・かゆみ・吐き気など)を引き起こす可能性があるそうです。

葉酸サプリ等で葉酸の補給をする場合、提示された規定量を必ず守るようにしてください。
流産を経験しています。
ずっと欲しかったコドモでしたので、とても落ち込んでしまっていたのですが、夫や周りの方の支えがあり、私の場合は、流産から1年くらい経ってようやく、また、妊娠に向けて前むきな気持ちをもてるようになり、そこから妊活をはじめました。

今度の妊活では体づくりにも注意しました。
以前から悩まされていた冷え性を克服するように、不得手だった運動をはじめました。
運動の最中はつらかったのですが、だんだんと楽しくなり、新陳代謝が良くなって基礎体温(最近では低体温の人が増えているそうです)が高くなったので、冷え性を治す事が出来ました。

自分の体が改善されたことを実感できて、ますます妊活を頑張ろうと思いました。親友が妊活をがんばっていた頃、漢方を服用していました。
彼女が言うには体質改善のために漢方を利用していると言っていました。妊娠中は薬が飲めないと聞いていましたが、漢方なら安心感があると思います。彼女は漢方をつづけていたようです。

その効果かどうかはわかりないでしょうが、結果的に命を授かることが出来ました。彼女が妊活をがんばっていたことを知っていたので、みんなでお祝いを計画しています。

葉酸の摂取期間についてお話しします。
皆さんご存知のように、葉酸の摂取は妊娠前から妊娠3か月まで期間において最も重要な期間であることは、疑いようがありないでしょう。

それでは、妊娠中期や後期の女性には、こうした摂取が無くても良いのでしょうか。妊娠後期は初期に比べて、葉酸が不足する傾向が落ち着くのですが、だからと言って全く気にする必要が無いのかと言うと、そうではないのです。
胎児が先天的な障害を発症する可能性を低減してくれるという効果のみに注目した場合、妊娠初期が大変重要な期間という事ですので、この時期での摂取を特に意識して欲しいという事であって、葉酸の摂取はこの期間だけに限った話ではないのです。

妊娠期間中だけでなく、それかつての妊娠を計画している期間においても必要な葉酸なのですが、日々の生活に追われていると、葉酸の摂取を怠ってしまう場合もありますよね。
こうした摂取不足に関する悩みは多くの方が抱えていますが、簡単な解決方法があります。

それが葉酸サプリです。
サプリを飲めば、食生活に負担をかけることなく理想的な葉酸量を補ってくれますので、普段のご飯で十分に摂取できているのか不安な方も大丈夫なんでしょう。

妊婦の方の中でも、葉酸を普段の食生活で賄うために、葉酸の含有量の多いほうれん草、貝類、レバーなどの食材を、普段の食生活に取り入れるようになっ立という女性も多いと思います。

しかし、実は葉酸は熱に弱いため多くの食材を食べようと思っても、加熱してしまいますと葉酸が溶け出てしまっていることもあります。
総合的な摂取量としては不足している、という場合もあります。